会社紹介

沿革

1980年代

1981年 1月
新潟県上越市工場設置奨励条例指定第一号により
旧新潟精密株式会社 創立

1981年 4月
時計の一貫組立操業開始
「SMT/WB」工法の高密度実装開始

1990年代

1991年 2月
液晶モジュール「COG・OLB」工法生産開始  →

2011年 「COG・OLB」事業撤退

1991年 8月
新三和工場(新潟県上越市三和区 第1工場)完成 操業開始

1996年 5月
同第2工場完成 操業開始

1997年 4月
ISO9002:1994の審査登録

1998年 1月
同第3工場完成 操業開始

2000年代

2001年 9月
フリップチップ(FCB)実装開始

沿革:2000年代

2003~2005年

2003年 4月
ISO9001:2000の審査登録

2004年 5月
ISO14001:1996の審査登録

2005年 4月
ISO14001:2004の県内初審査登録

2006~2007年

2006年 1月
「PoP」工法量産体制確立(日本IBMとの共同開発)

2007年 6月
業界初の量産プロセス「MPS‐C2」工法量産体制確立
(日本IBMとの共同開発)

2008年

2008年 1月
旧新潟精密株式会社 民事再生申請

2008年 5月
新会社として会社設立。(企業ファンドのもとで三和工場が独立)
代表取締役社長に保坂進が就任
旧新潟精密より事業・社名が譲渡され、
新「新潟精密株式会社」として操業開始

沿革:2008年

2010年以降

2011年 9月
事業整理により「COG・OLB」事業撤退

2013年 11月
代表取締役社長に細野仁が就任

2015年 6月
車載系モジュール生産への参入 量産開始。

2016年 6月
福祉系「歩行用アシストロボット(RT・ワークス㈱)」
受託製造工場として一貫生産開始

2018年3月
ISO9001:2015 認証取得
ISO14001:2015 認証取得

ページの先頭へ戻る